詳細設計  (2007年3月13日)

我がマイホームの詳細設計がほぼ終了し、週末に設計士の原さんと打ち合わせを 行いました。 2006年11月に設計契約を結んでから約4ヶ月。ラフプランの検討から数えると半年以上の 期間をかけて、じっくりと検討した結果が、ついに図面になりました。

今回の打ち合わせで見せていただいた図面は、A2サイズの各種設計図面がなんと 約40ページ! これが自分達のマイホームの設計書なのかと、ビックリしてしまいました。
特に、これまでなかなかイメージできなかった部屋の中の棚や扉の位置、私達が ぜひ欲しいと楽しみにしていた階段下の作りつけ本棚、洗面室の室内物干し、などなど、 みごとに図面になっていました。図面を見ると、もやもやぼんやりとしていたこれらの イメージが頭の中でスッキリ整理され、ワクワクした気分になってきたのです。

また、食堂部分と和室の間に取り付けようと相談していた欄間については、 原さんのアイデアで木製欄間に源氏物語の刻印を掘り込むという、私達には 想像していなかった手法を提案してくださいました。
この欄間がまたとても面白くて、一発で気に入りました。さすがベテランの設計士さんの 考えることはおもしろいです。

さらに、電気検針のメーターは、敷地に入らなくても見られるようにしてほしいと、 かなりややこしいお願いをしていました。(検針のためとはいえ、無断で敷地内に 入ってこられるのはイヤだな、と思っていたのです)
でも、これを実現しようとしたら、例えば松下製の「スッキリポール」というような ちょっと高価なものを取り付けたりしなければならず、今回はちょっと難しいかなと思って いました。

ところが、原さんは設備業者さんと相談し、板塀から検針メーターを見られるように キチンと設計してくださっていました。ホントに感激です。


他にもいろいろと細かい部分について、使い勝手と私達の希望をしっかりと検討していただいて いました。これだけのことを設計図面に表現するのだから、時間がかかって当然ですね。
おそらく普通のハウスメーカーさんで同様のことをお願いしても、そんなに時間のかかる 設計はしてもらえなかったと思います。設計事務所にお願いしてよかったなあと思っています。

ただ、1点だけ悩んでいるところがあります。
今回は設計上の都合もあったようですが、1階の天井高が2300mmになっているという部分です。 今私達が住んでいるマンションの天井高は2400mm。そのため、天井が低く感じてしまうのでは ないかと心配しています。
和室部分は畳に座るので問題ないと思いますが、食堂部分がどうか、悩んでいます。 食堂南側全面が大きな窓ガラスで、食堂の一部が吹き抜けになっているので、 圧迫感は感じないと思う、と設計士の原さんはおっしゃってくださっていますが、 なにぶん、実感がピンとこないので、現時点では決断できていない状況です。
ただ、そろそろ業者も決めなければならない段階になっているので、奥さんと一緒に しっかりと考えて結論を出したいと思っています。
もしこのブログを読んでくださって、 天井高について参考となる意見があれば、コメントしていただけるとうれしいです。


何はともあれ、私達のマイホーム作りは、一気に前進しました。これからが楽しみです。



「設計事務所と作るマイホーム」は、ブログランキングに参加しています。
本サイトが役に立ったと思われたら、次のバナーをクリックしてくださいね。
よろしくお願いいたします。m(__)m
⇒⇒⇒     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.love-icecream.com/mt32/mt-tb.cgi/69

コメント

今頃コメントしても遅いですが・・・
問題ないと思います!

窓の大きさも規格の家とは全然違うでしょうし、まるぞうさんちは吹き抜けもあるということで、
開放感はスゴイのではないかな?と想像します^^

我が家の依頼先の建てた家も天井低いですが、大きな窓と間取りの作り方からか
開放感がすごくあるので問題ないなっと思いました。
我が家は1階は240僂任垢2階は230僂陵縦蝓

「天井は高いほうがいい」と思ってましたが今は「別に低くても良い」と思ってます^^

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

無料レポート配布中
  これから家を建てようと思っている方のために、「完成見学会の歩き方」という無料レポートを作成しました。
  興味のある方は完成見学会の歩き方をご覧くださいね。

日記の一覧
地元タウン誌ASAに掲載されました
ASA(地元タウン誌)の取材を受けました
設計士の原さんを招く
完成写真
ようやく落ち着いてきました
いよいよ引越しです
ついにマイホーム完成!
手直し検査
登記の手続きって時間がかかります
もうすぐ完成
玄関前
完成見学会
浴室
階段下の本棚
足場が取れました
久しぶりの打ち合わせ
外壁が塗られました
欄間
階段
内装の色決め
外壁の下地が塗られてます
ガラスブロックと床材
ガラスブロック
精密な設計
サッシが取り付けられました
中間検査
住宅融資でハプニング
屋根はガルバリウム鋼板
台風5号の影響
電気や給排水の配管がされました
屋根下地もついて家らしくなってきました
上棟式を行いました
上棟式は予定通り実施できるそうです
台風は去ったかな
台風4号が接近
基礎ができたようです
柱を選ぶ(その2)
柱を選ぶ(その1)
コンクリート打設がされていました
コンクリートが入っています
鉄筋組
会話の重要性
コンクリートとモルタルの違い
浄化槽
工事の準備
ちょっと意外なこと
工事が始まりました。
地鎮祭
工事請負契約
数奇屋造りのこと
見積り修正ほぼ終了
川島の家
見積り調整
見積もり結果
施工見積もり前夜
現場説明会
施工業者の選定
詳細設計
住宅ローン申し込み
徳島新聞社主催の住まいセミナー
新年あけました
設計事務所の原さんのブログ
照明
不動産取得税
キッチン
設計監理契約
基本設計がほぼ終了です
設計士・建築家のご紹介イベント
コンセントのこと
地盤調査やってみました
地盤調査をやります
マイホームのプランがほぼ固まりました
マイホームをイメージするソフト
マイホームの立体模型
プランの検討
ラフプランの打ち合わせ
設計事務所の原さんからラフプラン連絡
「施主と建築士の広場」の仲里さんからコメントいただきました
設計事務所と作るマイホームをブログランキングに参加
土地購入
希望の物件を発見
設計士さんと飲みました
ガル・SpaceDesignさん
設計事務所と出会う
設計事務所を探す
住宅展示場にいってみる